2010年04月27日

<雇用戦略対話>失業者個々に担当 首相、安全網強化を強調(毎日新聞)

 政府、労働界、経済界が雇用対策を協議する「雇用戦略対話」が26日、首相官邸で開かれ、鳩山由紀夫首相は▽失業者らへの安全網強化▽最低賃金の引き上げ▽職業訓練を社会全体で担う仕組み作り−−に取り組むよう関係閣僚に指示した。安全網整備で首相は「一人一人に丁寧な支援体制を作ることが大事だ」と述べ、長期失業者や非正規労働者に1人ずつ担当者「パーソナルサポーター」を決めて支援する態勢の必要性を強調した。

 安全網強化は、各省に分かれているサービスから必要なものを適切に受けられる仕組みとする。住宅がない人への住宅手当などの支援も検討する。

 最低賃金について首相は「(引き上げは)消費拡大の観点からも非常に重要な課題だ」と指摘し、中長期的に引き上げていく必要性があるとの認識を示した。

 最低賃金は現在、791〜629円で、全国平均は713円。民主党はマニフェストで800円を想定した「全国最低賃金」を設定し、景気状況に配慮しながら全国平均を1000円に引き上げるとしている。ただ、賃金引き上げは中小・零細企業に与える影響が大きい。首相は「中小企業への支援も考えながら積極的に取り組みたい」と述べ、20年までの数値目標を設定するよう関係閣僚に指示した。

 また、会合後の記者会見で、菅直人副総理兼財務相は、「年越し派遣村」の村長で先月まで内閣府参与を務めていた湯浅誠氏に対し、内閣府参与就任を打診していることを明らかにした。【鈴木直】

【関連ニュース】
雇用:各党が政権公約に
失職:非正規7192人 6月までに 厚労省調査
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
内閣府参与:湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として
女性労働白書:非正規雇用者、初の減少

橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)
<香取市長選>宇井氏が再選 千葉(毎日新聞)
防衛相が普天間問題の5月末決着を疑問視(産経新聞)
世界のバリアフリー絵本展 杉並区(産経新聞)
来月15日、鹿児島入り=徳之島案実現へ検討−鳩山首相(時事通信)
posted by タチバナ ヒロユキ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)

 京都市北区の寺院、閑臥庵(かんがあん)で「KAIENTAI」(海援隊)や「GOOD LUCK」(幸あれ)などの文字が彫られた手鏡箱が見つかり、公開されている。江戸時代末期の品とされ、坂本龍馬のイニシャルと同じ「SR」の文字も刻まれているため、ファンの夢を膨らませている。【五十嵐和大】

 手鏡箱は漆塗りで直径約24センチの円盤に柄が付いた形。ふたの表面に「JULY」(7月)の文字や海援隊の隊旗らしき絵も見える。寺の言い伝えでは、1877(明治10)年ごろ、同志社英学校に学んだジャーナリストの徳富蘇峰が寺を訪ねた際に見つけ、当時の住職に保管を勧めた。その後、行方不明になったが、08年の倉庫整理で発見したという。

 口承以外に由来を示すものはないが、1867年11月に暗殺された龍馬が7月ごろ、京に滞在していたのは確か。閑臥庵の山田英樹執事(47)は「寺は御所の北の守り神。航海の道しるべの北極星になぞらえ、安全を願ったのかも」と推測する。

【関連ニュース】
雑記帳:龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎
注目ドラマ紹介:「新撰組 PEACE MAKER」 イケメン続々、ポップな幕末青春活劇
今週の本棚・新刊:『幕末日本と対外戦争の危機』=保谷徹・著
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ
リーガロイヤルホテル京都:龍馬ゆかりの地巡る 宿泊プラン2種売り出し /京都

エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園(産経新聞)
3地震同時発生、想定死者・静岡で8100人(読売新聞)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相(医療介護CBニュース)
高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)
posted by タチバナ ヒロユキ at 02:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

ポーランド国葬、陸路移動の首脳も アイスランド火山噴火(産経新聞)

 アイスランド南部の火山噴火で欧州各地では閉鎖する空港が相次いでおり、18日に予定されているポーランドのカチンスキ大統領夫妻(政府専用機の墜落事故で死亡)の国葬に参列する各国首脳らには、陸路移動を余儀なくされるなどの影響が出ている。

 AP通信などによると、ポーランド大統領府は16日、遺族の強い要望で国葬を予定通り18日に南部クラクフで行うとの方針を明らかにした。ただ、同国の空港は17日現在も閉鎖が続いており、再開のめどは立っていない。

 国葬に出席予定のメルケル独首相は、訪問先の米国から帰国途中の16日、火山灰の影響で政府専用機がベルリンに戻れず、急遽(きゅうきょ)、ポルトガル・リスボンの空港に着陸。ここで1泊し、陸路での帰国と国葬出席を目指すことになった。

 韓国は17日、鄭雲燦首相の国葬出席を取りやめ、代わりに駐ポーランド大使を出席させると決定。スロバキアのガシュパロビッチ大統領は陸路でクラクフ入りする。国葬にはオバマ米大統領やメドベージェフ露大統領も出席する予定で、これまでのところ、米露からポーランド政府にキャンセルの連絡はないという。

【関連記事】
ポーランド国葬延期せず アイスランド火山噴火
独首相、ベルリンに戻れず
江田参院議長のポーランド弔問中止
アイスランド火山噴火 空の足は大混乱
ポーランド大統領の埋葬場所めぐり論争

仙谷氏の同日選発言「タブーだ」「選挙知らぬ」 閣僚反発(産経新聞)
被災地での支援マニュアルを作成−全国ホームヘルパー協議会(医療介護CBニュース)
【政策を問う】石炭エネルギーセンター 中垣喜彦会長(産経新聞)
将棋 三浦の策に羽生長考 名人戦第2局(毎日新聞)
地域医療強化、4年で4兆円=自民(時事通信)
posted by タチバナ ヒロユキ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。